突撃 !! 隣のインディーズ
プロフィール

フリーライター:岸ダン

Author:フリーライター:岸ダン


インディーズに特化した
神出鬼没のフリーライター
アーティストをとことんチルアウトに紹介
近年は、映画や若者カルチャーなど活躍の場を広げている!!


最重要事項!!

サカナスイッチの説明
サカナスイッチとは、クリックすれば、岸ダンが紹介するインディーズ楽曲を試聴できる魚型ボタンなのさ!もしくは、ボタン型魚さ。
いつだって、押せば流れる超敏感肌!!
「スキマスイッチ」と響きが似てるのは何かの因果か…とにかく、それも重要なポイント。

現在のサカナスイッチ2号は、
男勝りの性格だが、強引な押しに
めっぽう弱いツンデレ系金魚(♀)
グイグイ押しちゃおう(クリック、クリック)


ライブレポート最前線

音楽無料配信サイト

インディーズだからアツくなれる!未来のメジャー候補達の熱狂ライブをザクザクっと試聴付きでレポート!!こちらも随時、更新中 

最近のロック

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ピストル

ジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52談 perverse person  (ヴォルテージ)
perverse person
artist perverse person
music ヴォルテージ



押せば、音楽が試聴できるよ

サカナスイッチ2号


タテノリ系ハードロックバンド「perverse person」
ライブでは、すでに定番曲となっている『ヴォルテージ』

荒々しい奏でられたサウンドで
トゲのある歌詞を攻撃的に歌うこの曲は
まぎれもなくヘビィーなロック
Takky(Vo)の挑発的な声は
女性ならではのハードなカッコよさがあり
楽曲の方向性を物語っています

HiphopやR&Bに押され気味のロックシーンの中でも
特に最近下火になっているように感じるハードロック…
ハードロックという言葉自体が古いのか、もしかして…
しかし、「perverse person」の演奏を聴く限り
時代遅れの音楽とは、とても思えない!
多くの影響を受け、彼等の色彩が加わり
この新しいハードロックが生まれたのでしょう
そのアグレッシブな音楽性は、まだまだイケるよ
21世紀の音楽シーンでハードロックが
もう一花咲かす起爆剤となってくれっ「perverse person」

そして、みんなで行こうっ
ハード・ロック・カフェへー(・B・)

他にも、いろいろ聴きたいなら
Cherryman Records Online
音楽配信中
にてチェックしたまえ
http://blog.p-person.com/trackback/501647
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

お久しぶりですm(_ _)m
プロフにありますが、お仕事決まったために色々あって、
なかなかミクシれなくなっちゃってます(´・ω・`)
こんな状態ですが、これからもよろしくお願いします~。
【2006/07/26 20:25】 URL | Hina #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/10/14 06:21】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cherryman.blog27.fc2.com/tb.php/55-3157f7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。